クレジットカードもカードローンも現金が借りられる機能は同じ

基本的にはクレジットカードでのキャッシングも、カードローンでの借入れも「現金を借りる」という意味では同じです。

 

しかし、各々にメリットやデメリットがあり、いくつかの異なる特徴がありますが、一つ目の大きなポイントは「借入限度額」が異なるという点です。

 

 

クレジットカードでキャッシングする際の限度額

クレジットカードの場合、カード契約時にキャッシング枠というものが設定されています。

限度額は初回契約時は50万円以下に設定されていることが多く、0円(キャッシング枠なし)にすることも可能です。

 

その限度額までは現金をキャッシングする事ができます。

尚クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピングの限度額以内になるように設定されます。

 

例えばショッピング枠が200万円で設定されており、キャッシング枠が30万円で設定されていたとします。

この場合仮にショッピングで200万円を利用した場合には、自動的にキャッシング枠が0円となります。逆にキャッシングで30万円利用した場合には、ショッピングでは170万しか利用できなくなります。

 

カードローンでキャッシングする際の限度額

一方、カードローンでのキャッシングの場合は、クレジットカードと比較して非常に限度額が大きいのが特徴です。

ただここで注意しないといけないのは、よく広告で「利用限度額800万円までOK」とうたわれているケースでも、最初の契約時から最大限度額までの借入はできないという事です。

 

しかし最高800万円まで融資可能とされていても、初回から高額が借りられることはほとんどありません。

消費者金融では50万円まで、銀行は個人で違いがあります。

無収入の専業主婦の場合、配偶者である旦那に安定収入があればOKという条件付きで、30万円~50万円までと銀行側で即時に規制していることが一般的です。

 

消費者金融のカードローンであれば総量規制の対象になる為、基本的には年収の1/3までの借入れしかできません。

一方、銀行カードローンは総量規制対象外にはなるので、基本的に融資上限に規制はありません。限度額は審査次第となります。

 

金利に差がある

以下に主なクレジットカードの金利と、銀行・消費者金融カードローンの金利をまとめました。

数字の前(数字が小さいほう)が最小金利、数字の後ろ(数字が大きい方)が最高金利です。

 

銀行カードローンが最も金利が低く、消費者金融は最小金利は低くても、最大金利は高めであることがわかります。

クレジットカードは最小金利・最大金利に大きな差がなく、総じて高金利であると言えます。

 

延滞してしまった場合の遅延損害金

万一返済期日までに間に合わずに、延滞してしまった場合には、遅延損害金というものが発生します。

 

遅延損害金は「借入残高×遅延損害金利率(年率)÷365×延滞日数」で計算され、返済日が1日でも過ぎていたら必要となります。

 

貸金業法により遅延損害金の上限は20.0%と決まっています。

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックを除いて、遅延損害金だけを見るとクレジットカード・カードローンで大きな違いはありません。

 

返済方法が異なる

次の大きな違いは返済方法です。基本的にはクレジットカードでのキャッシングは1回払いでの返済、カードローンは長期での返済が可能です。

 

キャッシングの返済方法

まずクレジットカードでのキャッシングをした場合には、翌月に一括支払い、口座引落しでの返済になります。

やむを得ず一括支払いが出来ない場合は、キャッシングのリボ返済といって分割払いも可能です。

その場合であっても毎月決まった返済日にとなるので、返済日は固定となります。

 

カードローンの返済方法

イオン銀行カードローンBIGやみずほ銀行カードローンは普通預金口座からの引き落としのみ。

その他銀行や消費者金融は銀行の普通預金口座から引き落とし、ATMから入金、振込みが選べます。

振込の場合は振込手数料がかかり、一般的に返済遅延時の返済方法として指定されます。

 

返済期限が異なる

クレジットカードの場合には、毎月の支払い日が決まっていますので、その日にショッピング利用分とキャッシング利用分がまとめて引き落としされます。

 

一方カードローンは「毎月指定日での返済」「35日毎の返済」「随時返済」など様々な方法で返済をすることが可能です。

しかし35日毎の返済などは、支払いサイクルが長い為に余裕をもって返済ができるというメリットがある一方で、毎月の支払い日が変わってくるので、ついつい返済を忘れてしまうというリスクもあります。

 

 

海外での利用

クレジットカードは海外でもキャッシングをする事が可能です。

海外で「Visa、MasterCard・PLUS」という記載があるATMでは、日本と同じようにキャッシングをする事が可能です。

 

海外では基本的に現金を持ち歩きたくない為、非常に便利な機能です。

又為替レートについてもキャッシングを実行した日のレートで計算されます。

一方カードローンについては、海外での利用は出来ません。

日本で事前に借りておく必要があります。

 

ATMの手数料

クレジットカードは提携ATM手数料が108円~216円が必要です。

一方カードローンは契約銀行のATMはもちろん無料。

提携ATM手数料も無料のケースが多く、セブンイレブンの提携ATM手数料のみ無料など、特定の提携ATMのみ無料の場合もあります。